人気のウォーターサーバー30商品以上を徹底比較!【当サイト限定キャンペーン実施中】

天然水のおすすめ利用法3選

天然水のおすすめ利用法3選

近頃では、飲料水に水道水ではなく、天然水やミネラルウォーターをチョイスするのが当然のようになってきました。ひとり暮らしの人でもウォーターサーバーを導入するなど、世間の水への意識はより高まってきています。

今回は天然水のオススメ利用法を紹介していきたいと思います。ぜひお使いの天然水をさらに色々な方法で楽しんでみてください。

使用する天然水にもタイプがある

オススメの利用法を紹介する前に、まず天然水にもタイプがあり、それぞれ特徴があるのでご紹介いたします。

  • 軟水・・・カルシウム・マグネシウムの含有量が少なく、数値が100mg / L以下のもの。 まろやかでクセがない。日本ではほとんどの天然水が軟水に分類される。
  • 硬水・・・カルシウム・マグネシウムの含有量が多く、数値が100mg / L以上のもの。 のどごしが硬く、しっかりと飲みごたえを感じる。スポーツ後のカルシウム補給や便秘解消によいとされる。

これらの特徴で味がぐっとかわります。ご紹介する中で軟水硬水どちらがオススメかも一緒にご案内しますので、ぜひ参考にしてみてください。

飲食に天然水を使う

天然水は栄養分がたっぷりで清澄度も高いことから、通常の飲用水としてだけではなくさまざまな飲食への利用ができます。

炊飯に

お米と天然水が含むミネラル成分の相性は非常によく、天然水でご飯を炊くとおいしさはさらに増します。

ただしどんな水でもいいというわけではなく、なるべくは硬度の低い軟水を利用するようにしましょう。

硬水はミネラル成分が強すぎるため、お米本来の味わいとぶつかってしまい味が変わってしまうこともあります。目安としては硬度30以下のものが最適です。

お茶・コーヒー・お酒などに

飲用水以外の利用でも、天然水はその味を大きく左右します。

緑茶はテアニンやカテキンといったうまみ・渋み成分を含んでいますが、これらが水の温度や硬度によって香りが変わってしまうため、硬度の低い天然水を活用するとよいと言われています。

コーヒーも豆本来の味と香りを楽しむものですから、水道水でいれるのと天然水とでは深みに違いが出てきますね。

またお酒への利用も相性がバッチリです。ウイスキーや焼酎を天然水で水割りすると、味が非常にまろやかになりますよ。

赤ちゃんの調乳に

赤ちゃんのミルク作りに使う水も、お母さんとしては安全なものをチョイスしたいですよね。

赤ちゃんは大人に比べて内臓が未発達であるため、硬水を飲ませるとすぐにおなかを壊してしまう可能性が。日本の天然水はそのほとんどが軟水で、清澄度も高いので安心して与えられます。

災害時の備蓄水にも

地震などの天災が起きたとき、水は必要不可欠なものです。先の東日本大震災が発生した際も、そのことが深く身に染みました。

そこで通常飲用として使用する天然水の一部を災害時の備蓄水として確保しておくのもオススメです。基本的に水は開栓しなければ品質が低下することはないため、蓄えておきやすいものです。

天然水は、未開封で平均12カ月ほどの賞味期限が設けられています。水道水は煮沸消毒して冷蔵保存したとしても、1週間ほどしか持たないと言われており、比較すると圧倒的に日持ちすることがわかりますね。

ウォーターサーバーを使っている人は、常に新しい水を保管できるので、より安心できるというメリットもあります。

おわりに

今回は飲用としてだけではない、天然水のユニークな活用方法を紹介しました。水は生活のあらゆる場面で使用するものですから、その用途は無数にあります。

この中で興味のある活用法が見つかった人はぜひ実践してみてくださいね。

\ミネラルが摂取できる/

編集部おすすめのウォーターサーバーはプレミアムウォーター!