人気のウォーターサーバー28商品を徹底比較!【当サイト限定キャンペーン実施中】

ウォーターサーバーTOP >> 赤ちゃんを脱水症状から守るために知っておきたい、水分補給のタイミングと正しいあげ方

赤ちゃんを脱水症状から守るために知っておきたい、水分補給のタイミングと正しいあげ方

赤ちゃんを脱水症状から守るために知っておきたい、水分補給のタイミングと正しいあげ方

はじめに

大人では自力で水分補給できますが、赤ちゃんは水分不足になっても泣くことしかできません。大人が気付いて適切な水分補給をしてあげましょう。水分不足で脱水症状が現れたら大変です。

では具体的にどのような方法が適切なのでしょうか。最適な水分補給方法について紹介していきます。

 

赤ちゃんが脱水しやすい理由

赤ちゃんは、ちょっと油断をすると大量に汗をかくことがあります。夏場だけに限らず、発熱や温度変化によって発汗することが多いです。

最適な水分補給をしてあげるためには、赤ちゃんが脱水しやすい理由を把握することが大切です。

 

赤ちゃんは水分をたくさん使って日々成長します。尿の回数も多く、水分の消費量が多いです。

大人は体重の60%程度が水分ですが、赤ちゃんは70〜80%を水分が占めているため、より多く摂取する必要があります。

 

下痢や嘔吐の頻度も、大人より多いです。ミルクを飲んでも吐き出したり、下痢が続いてしまうことがあります。その際に多くの水分が失われていきますので、水分補給が欠かせないのです。

腎臓の機能が未熟なことも、脱水しやすい理由に挙げられます。成長すれば、体内の水分量に応じて尿の量を減らしたり濃いものにしたりと、調整することができます。

しかし、赤ちゃんの場合は腎臓の発育が未熟で、体内の水分量を一定に調節するのが難しいです。

 

水分補給に適した飲料の種類

水分補給の必要性を理解したら、どんな飲料が適しているかを知っていきましょう。どの飲料も冷やし過ぎると胃や腸に負担をかけるので、赤ちゃんの体調に合わせて常温・ぬるめに調節してください。

水分補給は母乳だけで十分という考え方もありますが、時と場合によって他の手段が必要なことがあります。

特に離乳食が始まった赤ちゃんは母乳以外の飲料が向いています。

 

一般的な水分補給の方法として広く知られているのは、湯冷ましです。水を沸騰させて、温度が下がればすぐに飲ませてあげられるので、手軽な方法と言えます。

高温にすることでカルキ臭が少なくなり、不要物が飛ぶので安心です。

哺乳瓶の外側から冷水・氷水を使うと、早く温度を下げられます。日頃から氷を作っておくと、急ぐ時に便利です。ただし、湯冷ましでは日持ちしませんので、使う分だけ作るようにしましょう。

 

ノンカフェインのお茶を飲ませる方法もあります。カフェイン入りだと、赤ちゃんは消化するまでに時間がかかり臓器に負担となるため不向きです。

赤ちゃん用のお茶が市販されていますので、それを活用すればよいでしょう。

 

赤ちゃん用のイオン飲料も水分補給に向いています。飲み過ぎると腹痛を起こす可能性がありますので、少しずつ飲ませるのがポイントです。イオン飲料は、熱中症予防のために大人でも飲むことがあります。体内の水分の中には、色々な成分が含まれています。ナトリウム・カリウムといったミネラルが電解質として含まれているので、イオン飲料を摂取することで効率的かつ素早く水分補給することができます。

 

水分補給のタイミング・あげ方

赤ちゃんに水分を与える時、体調やあげるタイミングを見計らう必要があります。健康な時と脱水を起こしている時では、あげる飲料も水分量も変えなくてはなりません。

健康時は、基本的に母乳や粉ミルクを中心に与えます。少し汗をかいた時や、お風呂上りには多めに水分を与えましょう。

活発に動いていつもより発汗しているようなら、イオン飲料をあげるといいです。

 

熱が高い時や脱水症状を起こしている時には、赤ちゃんが飲めるだけ補給してあげましょう。

赤ちゃんは体内の水分量が少ないと本能的に水分を欲しがるものなので、吐かない程度に飲ませてください。

 

下痢や嘔吐がある時は、小さいスプーンやスポイトを使って少しずつ与えていきます。赤ちゃんの顔色や表情を見ながら、20ml〜40ml程度を目安に、30分おきに量を増やしていきましょう。

最初は飲みにくそうにする場合がありますが、ひどい嘔吐・下痢が続く時にはちょっとでも多く水分を補ってあげるよう、気を遣うことが大切です。

 

おわりに

赤ちゃんはデリケートな体をしています。大人たちが水分補給をきちんとしてあげなくてはなりません。

水分補給に慣れるまでは、怖く感じるかもしれません。

しかし、一緒に過ごしていく中で、どれくらいの水分が適量かが分かってきます。自分の力だけでは解決できない症状が出た時は、医療機関で適切な処置をしてもらえます。

安心して子育てに励みましょう。

 

 

TOP