人気のウォーターサーバー30商品以上を徹底比較!【当サイト限定キャンペーン実施中】

ウォーターサーバーのRO水と浄水器のフィルターの違い

ウォーターサーバーのRO水と浄水器のフィルターの違い

ウォーターサーバーの普及率は年々上がってきているものの、家庭用浄水器でじゅうぶんと考えている人もまだまだ多いと思います。

今回は「RO水のウォーターサーバー」と、最近人気の「水道水浄水型ウォーターサーバー」「一般的な家庭用浄水器」の違いをご紹介します。

RO水について

RO水について

RO水はRO膜(逆浸透膜)というわずか0.0001ミクロンという超微細なフィルターにより、徹底的に磨かれた水のことです。ウイルスや微生物、はたまた放射性物質に至るまで水分子以外のあらゆる不純物を取り去ります

その優れた除去力がゆえにお水に含まれているミネラル分も取り除いてしまうので、味気ないなどの感想をもつ人もいます。

そのためウォーターサーバーメーカーでは、RO処理を施した後、こだわりのミネラル分を添加することによっておいしいお水を作り出しています。

水道水浄水型ウォーターサーバー

水道直結・浄水型ウォーターサーバー

こちらは、自宅に水を運んでくれる従来の宅配タイプではなく、キッチンの蛇口から出る水道水を使う浄水タイプです。そのためボトルの受け取りや交換がなく、定額のレンタル料で使えて水は使い放題なので人気を集めています。

水道水浄水型は主に2種類
  • 水道直結型
水道から直接水を取り込む浄水方法。水を入れる手間がないのでとても楽だが、設置工事が必要。
  • 補充型
専用トレイに水道水を注いで浄水する方法。自分で注ぐので手間はかかるが、設置工事が不要なので賃貸でも使える。

浄水器のフィルターのタイプ

浄水器のフィルターのタイプ

浄水器は、水道水をキレイに保つための塩素やカルキ、その他不純物を除去できる機器です。蛇口に取り付ける「蛇口直結型」シンクに直接取り付けるタイプの「据え置き型」など、そのタイプはさまざまです。

浄水器のフィルターの種類
  • 活性炭
一般的な家庭用浄水器に多く見られる。水道水に含まれる塩素やトリハロメタン、化学物質や鉛などを取り除くことに優れている。時間の経過と共に吸着力が薄れ効果も無くなってくるため、カートリッジの定期的な交換が必要。
  • 中空糸膜(マイクロフィルター)
中空糸膜は0・4~0・01ミクロンほどの特殊素材で作られたフィルターで水道水に含まれる濁りや鉄サビなどの不純物をせき止める。浄水器としては小型の商品が多いので、目詰まりを起こさぬよう定期的に交換する必要がある。
  • セラミック
陶器に開いている細い穴を使用して不純物を遮断する浄水方法。1回の交換でもつ期間は約2年。

ウォーターサーバーと浄水器はどこで差別化できるか

ここまでは、ウォーターサーバーと家庭用浄水器のフィルターの違いについてお話しました。どちらを使うべきか迷っているという人はどんな観点で選んだらよいのでしょうか。

設置場所をどうするか

設置場所をどうするか

浄水器には蛇口直結型のものをはじめとして、あまりスペースを必要としないものも多くあるので、とにかく省スペースにしたいという人には浄水器がいいかもしれません。

ですが最近のウォーターサーバーは、卓上型などの省スペースで置けるものやスリムサイズになっているものも多いので、据え置き型の浄水器を探しているなら、ウォーターサーバーも視野に入れていただきたいです。

特に浄水タイプのウォーターサーバーは、コンパクトな卓上型サーバーもあり、定期的にカートリッジが送られてくるのでいつでも安全にお水が使えるのでおすすめです。

コストがかかるのは?

コストがかかるのは?

コストに関しては、人それぞれ考え方が分かれるところかもしれません。

RO水ウォーターサーバーは、毎月一定の金額が継続して発生するランニングコストタイプの商品です。RO水であれば費用はかなり抑えられますが、おおむねお水代3000円、電気代500円~1000円くらいを見ておく必要があります。

浄水タイプのウォーターサーバーも、レンタル期間に料金が発生しますが、月々定額(3,000〜4,000円前後)で水代は水道代のみ、カートリッジも無料で交換できるところが多いです。※会社によって違います。

浄水器初期費用にある程度のお金が必要です。平均して数千円~数万円、かなり高品質なものは数十万円ほど。後は定期的にカートリッジの交換費用(数千円~数万円程)くらいかかります。

おわりに

今回は宅配水メーカーが提供するRO水のウォ―ターサーバー、水道水を浄水するウォーターサーバー、一般的な家庭用浄水器を比較しました。

互いのメリットを把握した上でどちらに価値を見いだすか、よく考えて導入を決めてみてください。

       

編集部おすすめのウォーターサーバーはプレミアムウォーター!

TOP