人気のウォーターサーバー30商品以上を徹底比較!【当サイト限定キャンペーン実施中】

軟水と硬水で効果が違う!ミネラルウォーターを使ったアンチエイジング

ミネラルウォーターを使ったアンチエイジング

最近、お水が健康サポートや美容のためによいことで、芸能人や人気モデルが愛飲しているのをよく見かけますよね。そこで「自分も飲みはじめてみようかな?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は「軟水」と「硬水」がもつそれぞれのアンチエイジング効果についてご紹介するので、自分の体質や体調に合ったお水を見つけてみてください。

軟水と硬水ってどう違うの?

お水1Lに対してマグネシウムとカルシウムがどのくらいの量が含まれているかを表すための数値を「硬度」とよび、その値によって分けられたのが「軟水」と「硬水」です。世界保健機関(WHO)の基準では硬度120mg/L以下を軟水、120mg/L以上を硬水と定めています。

見た目は同じでも、それぞれ飲み口に特徴があったり、お料理で発揮する効果が異なったりなどします。

たとえば軟水の場合はさっぱりした口当たりでやわらかい飲み心地が特徴です。対して硬水は喉越しがよく飲みごたえがあります。

水のアンチエイジング効果

水には健康や美容にも関係します。

新陳代謝

水を飲むことで、血流がよくなり新陳代謝がよくなると言われています。新陳代謝がよくなることで不要な老廃物をはやく排出できます。

体温調節

水には、体温を調節にも作用しています。人は汗をかくときに、体内の水分が蒸発し熱が上がるのを防いでいます。体温が上がりすぎると倦怠感や脱水が起こる可能性があります。

上記のような、基本的な健康維持がアンチエイジングに繋がります。
体内の60%は水分なので、水分補給は頻度、タイミング、質に気をつかうといいでしょう。

おわりに

水のアンチエイジング効果についてご紹介しました。水を飲みすぎるとむくんだり、頻尿になってしまうこともあるので適量を心がけましょう。

いつまでも若々しく健康でいるために自分の状態に合ったお水を飲んで、アンチエイジングライフをはじめていきましょう。

\ミネラルが摂取できる/

編集部おすすめのウォーターサーバーはプレミアムウォーター!