人気のウォーターサーバー30商品以上を徹底比較!【当サイト限定キャンペーン実施中】

日田の天然水が飲めるウォーターサーバーまとめ

日田の天然水が飲めるウォーターサーバーまとめ

「日田」という市は、九州の大分県にあります。ここの北西部に位置する市であり、美しい水がとれることで有名です。この水を使って作られる「いいちこ」などは、ファンも多いお酒です。

このように水に恵まれた日田市は、ウォーターサーバーに使われている水のなかでも、人気の高いものとしてさまざまな企業が選択肢に入れています。日田の天然水が飲めるウォーターサーバーをまとめました。

会社も九州にあり! 万が一のときは全額返金~「日田天領水」

日田天領水では、レンタル料も配送料もメンテナンス料金もすべて無料です。

ほかのウォーターサーバー会社と同じように12リットルで比較すると、1本あたり1740円です。水の値段としてはそれほど安くありませんが、レンタル料金などがかからないことを考えれば、高いものでもありません。

ウォーターサーバーは卓上型。コンパクトでお手入れがしやすいのは魅力ですが、ほかのウォーターサーバーにはすでに「標準装備」になっている、温かい水を出す機能がないのは少し難点かもしれません。

日田天領水の口コミ・詳細はこちら ≫

さまざまな特典がつく「ネイフィールウォーター」

ネイフィールウォーターの天然水は、京都・日田・富士の3カ所から選べます。日田の水は、亜鉛やシリカが多く含有されています。硬度は62mgと、日本の水としては少しだけ高めですので、肉料理などをよくする人にも使いやすいかもしれません。

日田の水は、12リットルで2,430円です。配送が2本からなので、結局は24リットル以上での購入となります。

ウォーターサーバーは、従来の床置タイプ1種類に加え、水ボトルを設置する場所が足元にあるタイプが2種類、卓上タイプが1種類です。それぞれに3種類のカラーバリエーションがあります。

ネイフィールウォーターの口コミ・詳細はこちら ≫

おわりに

ミネラル分が比較的豊富な「日田のお水」が飲めるウォーターサーバー会社について紹介してきました。日本は軟水の文化ですが、ある程度硬度のあるお水を使いたい、という人は、日田のお水を選ぶのもよいかもしれません。

ここでは代表的なウォーターサーバーメーカーを2つあげましたが、日田の水は人気であるため、ほかにもさまざまなウォーターサーバーメーカーがこれを取り扱っています。いろいろ検討して、自分にぴったりのウォーターサーバーを選んでくださいね。

\名水地日田の天然水が飲める/

編集部おすすめのウォーターサーバーはプレミアムウォーター!