人気のウォーターサーバー28商品を徹底比較!【当サイト限定キャンペーン実施中】

え?まだ水道水を飲み続けているの?安全な水を飲みたい人は、ウォーターサーバーがオススメ

え?まだ水道水を飲み続けているの?安全な水を飲みたい人は、ウォーターサーバーがオススメ

この記事を書いた人:りさママ
28歳都心住まい。最近子どもを産んだばかりで、水の安全性が気になりウォーターサーバーを使うようになりました。

最近は一般家庭でのウォーターサーバーの普及率がどんどん高まり、水は買うのが当たり前ともされる時代になりました。

一方で、水道水を使用している方もまだまだ多いと思います。「日本の水道水は安全だから大丈夫!」と思っている方もいると思いますが、実は、水道水には身体に影響を与えるような危険性も潜んでいるのをご存じでしょうか。

日本の水道水は安全?

日本の水道水は安全?

世界で水道水が飲める国は、15カ国しかありません。日本はそのうちの一つであり、安全性はトップクラスとも言われています。それは、51項目にも及ぶ検査を行い、安全基準を厳しく管理された水道水が、一般家庭に届けられているからです。高度浄水処理技術により有害物質もきちんと除去されているため、放射能物質の心配もありません。

これだけ安全なら、「わざわざお金を出して水を買うなんて」と思うかもしれませんが、実は水道水の安全性を不安視する方も増えてきています。

水道水が危険と言われる原因

水道水が危険と言われる原因

安全と言われる日本の水道水がなぜ不安視されているのか、その原因を2つ解説していきます。

(1)塩素

みなさんご存じの通り、水道水は塩素を使って消毒されています。塩素には人体に有害な菌を殺す役割がありますが、日本の水道水にはこの塩素が世界各国の中でも高い濃度で入れられています。

(2)マンションの古い給水タンクや水道管

日本の法律では、塩素濃度の基準が「0.1ppm以上」と決められているものの、上限については定められていません。そのため、とても高い塩素濃度で確実に殺菌しているという意味では確かに安全ですが、それは衛生面としてであり、健康面にまで配慮されたものでは無いのです。また、残留塩素によって独特の臭いが残ってしまうこともあります。

また、水の通り道である配管についても同様です。最近では鉄管が使われることは少ないようですが、錆びてしまっている古い配管を通っている水道水を飲むのは、健康面への影が心配されます。

煮沸殺菌も確実に安全ではない

煮沸殺菌も確実に安全ではない

水道水に含まれる塩素は、煮沸消毒で殺菌することができます。実際にそれで水道水を飲んだり、赤ちゃんのミルク作りに使用したりしている方も多いと思います。

しかし、塩素と有害物質が化学反応を起こすことで発生する、「トリハロメタン」という発ガン性が疑われている物質は、煮沸することで逆に濃度が上がるとされています。トリハロメタンを除去するには、最低でも10分間は沸騰させる必要があるそうです。

ウォーターサーバーなら、安全な水が飲める!

ウォーターサーバーなら、安全な水が飲める!

ウォーターサーバーの水は、天然水とRO水の2種類があります。

特定の水源の地下水を採水し、ろ過、沈殿、加熱殺菌のみで殺菌処理したものを天然水と言います。地下水なので周りの衛生環境の影響を受けず、もちろん塩素も入っていません。

採水地は主に富士山麓や南阿蘇などで、全国の名水が飲める点もウォーターサーバーの魅力です。

RO水は逆浸透膜(RO膜)によってろ過した水です。RO膜は家庭用浄水器よりも細かい0.0001ミクロンの超微細孔フィルターで、菌やウイルス、有害物質のほか、放射能なども除去した純水を精製します。ミネラル分も除去され、硬度1mg以下の超軟水となるので、赤ちゃんの調乳にもぴったりです。

ウォーターサーバーがあれば、飲用水としてはもちろん、料理や炊飯、ミルク作りにと安全性になんの不安もない水を使うことができます。

まとめ

日本は世界でも有数の水道水が飲める国ではありますが、絶対に安全かと言うとそうではありません。知らない内に、有害物質を口に入れてしまっている可能性もあります。

今まで水道水を飲んでいた方は、その安全性にもう一度目を向けてみましょう。安全な水を飲みたい!という方は、ぜひウォーターサーバーを検討してみてください。

ウォーターサーバーについて
詳しくはこちら

提供:ディーエムソリューションズ株式会社
※ 本記事の情報はあくまで個人の感想です。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP